スタッフ雑記帳

読書の秋

こんにちは、大阪本社のOZです。

もうすっかり秋ですね。月並みですが、秋と言えば、食欲の秋、
スポーツの秋、読書の秋、仮装の秋・・・等々、
いろいろな「秋」があると思います。

先日、読書好きである事をカミングアウトし、拙い本の紹介をアップした
私ですが、今日は、読書の秋にちなんで「私にとって本とは何ぞや?」
ということを書き殴ってみます。

私にとって本とは「コミュニケーションツール」です。

人は生まれた瞬間から様々な外部要因(人や環境)などの影響を受けて、
成長していきます。真っ白な状態から、肉付けされて、その人が出来上がって
行きます。

ですが、人の一生はよくて100年程度で、その間に触れる事の出来る人や環境は
ごく限られたものです。
本は、その経験を補ってくれます。しかも、本を通すことで、時空を超えた人や環境
と出会うことも可能となります。

また、本を読んで得たことを、さらに人に話すことで、「本」と「自分」を
媒体としたコミュニケーションが成立します。

「こんな本読んで、こういう風に思ったよ。」
と話しているうちに、「あ、自分はこの本を読んで、こう思ったんだ。」
ということを再認識します。
それは、つまり、自分とのコミュニケーションにもなり得ます。

このように、本は、著者、登場人物はもちろん、その時代、その環境等、
人に限らない様々な状況とコミュニケーションが取れるツールです。
また、自分自身とのコミュニケーションが取れるツールです。

そうやって、たくさんの人や物事、自分とコミュニケーションを取る事で
人は成長していくのだと思います。

「本を読まず、避けている人に大きな成長はない」

・・・・・と、私は思っています。

だからと言って、本を読んでいれば、大きな成長があるとは
限りませんが・・・・私のように(笑)

皆様も是非、「読書の秋」を楽しんで下さいね!!