耐震診断

▼ 下記の様な建物には耐震診断をお薦めします

建築の時期

  • 特に1981年(昭和56年)の耐震設計法改定以前に建てられたもの

地形・地盤

  • 盛土をした造成地や埋立地に建てられたもの
  • 大雨で出水するような低湿地に建てられたもの

基礎の構造

  • 玉石の上に柱を乗せただけの玉石基礎や鉄筋の入っていないコンクリート基礎の建物

建物の形

  • 外形が不整形な建物
  • 立面的に細長い建物

壁・窓の配置が偏った建物

  • ピロティ形式の建物
  • 大きな吹き抜けがある建物

維持管理

  • 土台が腐ったり白アリに食われている建物
  • 外壁のひび割れから赤サビが出ている建物
  • 工事完了後20年以上修繕を行っていない建物

その他

  • 建築確認を受けずに建築または増改築した建物
  • 検査済み証を取得していない建物
  • 増改築をしようとする建物
  • 不特定多数の人に利用されている建物

参照:国土交通省住宅局「住まいの安全チェック」より

▼ 耐震診断の費用

木造戸建て住宅はおよそ5万円から15万円です。
その他の建築物は、建物の基礎形状・構造、設計図書の有無、現地調査の回数によりますが1㎡当たり500円から2,000円がおよその目安となります。既存建築物に増築する場合で、耐震診断が義務付けられているときは、耐震診断判定料及び詳細な調査費用が別途必要となります。