鉄骨の骨組みのテントや膜は鉄骨造になるのか?

 街を歩くと仮説の構築物や大空間を確保する屋外のスポーツ施設など、
いわゆる膜構造と呼ばれるテント構造の建築物を見かけることが多くなってきました。

 しかし、膜構造を手がけたことのある設計者は、そう多くはないでしょう。
一口に膜構造と言っても、いったいどれが膜構造にあたるのでしょうか。

 ごくシンプルに言うと、膜以外の材料を外壁・屋根に使用していない構造であれば、膜構造といえます。
つまり、鉄骨を骨組みに使っていても、それは鉄骨造ではなく、鉄骨骨組みの膜構造なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です