7つの最適化宣言! Netで出来る構造設計

  1. 構造設計一級建築士の指導・監修のもと、改正建築士法に対応した最適な構造設計を提案します。
  2. インターネットを最大限に活用した構造設計サービスを、いつでもどこへでもお届けします。
  3. データ納品によるペーパーレス化で、郵送にかかる時間と費用を節約します。
    Web申請対応の確認検査機関へは、印刷せずそのまま提出していただけます。
  4. 構造設計に係る責任を明確にするため、構造計算書と構造図、その他確認申請に必要な構造関係書類を全てセットにします。
  5. 電話・メール・FAXを活用した密度の高い打ち合わせを行うことにより、業務の効率化とコストダウンを図ります。
  6. 確認申請における修正・訂正や、確認検査機関への対応などのフォローアップを責任を持って無料で行います。
  7. お客様のご要望に的確にお応えするため、構造設計の知識とともにコミュニケーションスキルにも磨きをかけます。

ユウプラン設計5つのコンセプト

  1. コンセプト1 コンプライアンス(法令順守)とエシックス(企業倫理)に基づく構造設計

    阪神淡路大震災から10年を経た2005年、一級建築士による耐震偽装事件が起こり建築業界に対する信頼は大きく失われました。私たちはコンプライアンス(法令遵守)とエシックス(企業倫理)に基づいた確かな構造設計技術を提供し続けることが、失われた信頼を取り戻すための最善の方法であると考えています。

  2. コンセプト2 「住む人」の「安心・安全」のための構造設計

    誰のための構造設計か? 何のための構造設計か? 私たちのお客様は意匠設計事務所やホームビルダーですが、その先の「住む人」の「安心・安全」にも思いをめぐらせた構造設計を行いたいと考えています。当たり前のことですが、構造設計とは「住む人」の「安心・安全」を約束するためものです。

  3. コンセプト3 2000件を超える設計実績から導き出された構造設計

    ユウプラン設計は2004年からインターネットを利用した構造計算サービス「Netで出来る構造設計」をスタートしました。これまでに行った構造設計数は北海道から沖縄まで2000件以上。それらのデータベースを元にクオリティ・セイフティ・スピード・コストに最適化を求めた構造設計システムを構築しました。

  4. コンセプト4 社会に向けて大切さを訴え続ける構造設計

    私たちは構造設計の大切さを広く知っていただくことをミッションと考えていますので、必要条件のみを法的にクリアした構造計算を行って義務を果たしたとは考えていません。これまでより一歩踏み込んだ姿勢で、意匠設計者の共感を呼ぶ合理的で安全性の高い提案を行います。このように常に積極的な働きかけを行い、理解を得るための努力を惜しまない姿勢が、構造設計の大切さを広く知っていただくことにつながると考えています。

  5. コンセプト5 社会人としての豊かなコミュニケーションスキルを生かした構造設計

    同じ建築士であっても意匠設計をする人をデザイナー、構造設計をする人をエンジニアと呼びそのイメージには違いがあります。私たちは一昔前の寡黙なイメージの構造設計者ではありません。私たちは意匠設計者の意図を理解し、的確な構造設計戦略を提案するための豊かなコミュニケーションスキルを持った構造設計者でありたいと考えています。