【初心者からベテランまで】住宅設計の柱はどこに配置するべきか?

  • 2019.08.16
【初心者からベテランまで】住宅設計の柱はどこに配置するべきか?

木造3階建ての耐力壁位置を無料でチェックできます!

 木造3階建ての戸建て住宅用に、以下のサイトで「耐力壁配置」の参考例が無料でダウンロード出来るようになりました!
壁が必要な箇所がパッと見てすぐ理解できるように、わかりやすいシートにまとめています。
何枚の耐力壁が必要か、どの位置に必要か、お手持ちの間取り図と照らし合わせながら精度の高い構造チェックをすることが出来ます!ぜひ無料でダウンロードしてみてください!





 

 @Koyoarchiです。ようこそ!

 建築設計業界は歴史のある企業や、経験に裏打ちされた技術の積み重ねがある分、それらが暗黙知になってしまっているところがあると思います。
今回は、住宅設計をするにあたってポイントになる「柱をどこに置くか」を解説していきます。

目次

柱の間隔は【4m以下】を目安にする

 戸建て住宅であれば、LDKは出来るだけ広い空間にしたいものです。
一般的な木造の在来工法で建築する場合、目安にすべき空間の限度は、4m×4mです。
梁の架構にもよりますが、必ず一辺の柱間隔は4m以下にすることがベターです。

大きく2分割するように配置する

 多くのプランは真四角ではなく、一部分が欠くような形になっていたり、突出していたりする場合がほとんどです。
その場合、大まかに二つの棟に分割できる位置に柱を配置することが望ましいのです。

詳しい理由は日本建築学会のシンポジウムにて討論発表会の模様に記載されています。
建築職人の現在―木造住宅の設計は誰の責任なのか?

上下階で出来るだけ揃える

 上下階で、柱の位置は極力同じ位置に配置することが重要です。
開口部があるため、必ずしもその通りの配置にすることは難しいかもしれませんが、
出来るだけグリッドから外れないように配置しましょう。

 

カテゴリの最新記事