【構造がわかる建築デザイナーになろう】LDKの上を吹き抜けにするために絶対に必要な部材

NO IMAGE

木造3階建ての耐力壁位置を無料でチェックできます!

 木造3階建ての戸建て住宅用に、以下のサイトで「耐力壁配置」の参考例が無料でダウンロード出来るようになりました!
壁が必要な箇所がパッと見てすぐ理解できるように、わかりやすいシートにまとめています。
何枚の耐力壁が必要か、どの位置に必要か、お手持ちの間取り図と照らし合わせながら精度の高い構造チェックをすることが出来ます!ぜひ無料でダウンロードしてみてください!





 

@Koyoarchiです。ご安全に!

 建て主の方とプランの打ち合わせの時に「LDKは吹き抜けにして、天井が高くしたい」という話が上がったことはありませんか?
思わず見上げてしまうほどに、天井が高いLDKは誰しもが憧れる団らんの場。
しかし意外に知られていないのが、木造の住宅で大きな吹き抜けを作るなら、絶対に外せない部材・要素があるということ。
あとで建て主さんに「やっぱり吹き抜け出来ないです…」なんて言わなくて済むように、吹き抜けするなら外せない部材について紹介していきます!

目次

ズバリ、火打(水平ブレース)が必須

 最もベーシックな手法は「火打を入れる」というやり方です。
これによって吹き抜けとなっていても、その四隅はしっかり補強材を入れることで、多少は変形を食い止めることができるようになります。

 ただ、あまり広い吹き抜けだと、多くの火打を入れる必要があるため、吹き抜けの中央なんかにズドンを梁を通さなければならない…ということにもなりかねません。

「火打なんて入れられるわけないじゃん!」というなら…

 しかし火打は吹き抜けの中に現れてきてしまうため、なかなか建て主さんの理解・納得を得るのは難しくもあります。
そんな時は「キャットウォーク」で火打の代用とすることも可能です。
吹き抜けの片側に寄せる位置に910mmほどのキャットウォークを設けることができれば、
これを吹き抜け部分の補強材としてみることができるようになるため、火打ばりを入れる必要がありません。
ぜひぜひ、キャットウォークを打診してみてはいかがでしょうか?

 

建築知識あれこれカテゴリの最新記事